【産業用インクジェットプリンター】 グリップコンベアの容器搬送ラインへの実装。

こんちは、
マーキングコトはじめ 担当のけたろーです!

今日もありがとう、感謝です。

さて、本日の話題は… グリップコンベアです!

またぁ!! と言われそうなのですが、ちょっと趣向が違うので
安心してください。笑

グリップコンベアって単体で使う場合もあるのですが、生産ライン上でも
よく使われます。

例えば、瓶とか缶の容器の搬送ライン。 
印字する際に、そのままの搬送だと振動で印字した文字が乱れる場合が
あるのです。

そんな時に、グリップコンベアが便利なのです。

既存ラインへの実装した例をお伝えしますね。

The following two tabs change content below.
けたろー

けたろー

包装機械相談士。時短設計®士。 ご縁を頂いて、産業用インクジェット向けの周辺機器を手掛けるようになりました。インクジェットなど印字装置の性能は、各社でそれほど差はありません。 では、何で差が出るのか? 実は、ほんとに大事なことは、印字装置そのものよりも周辺機器なのです。近頃は暗黙で、賞味期限や消費期限などの印字がほぼ義務化されつつありますよね。携わってる現場からすれば印字作業って毎日のことなので、なるべくなら、作業してる人々の負荷が減らせるようになればいいなって、切に思ってます。あなたの生産現場が、最高最善にハッピーになれますように。 (*^-^)