公式LINEはじめてます!

【流通用ケースのコストダウン】 ラベラーを使ったカートンケースのコストダウン パターン1

こんちは、
マーキング・コトはじめ、担当のけたろーです。
今日もありがとう、感謝です!

さて、
産業用インクジェットでバーコードを印字する場合、インクによるの汚れなどで、
バーコードの読み取りミスが起きるという懸念があります。

また、レーザーマーカーでの場合も同じく、マーキング後の紙粉や、バーの反転に
伴う読み取り不良などの懸念があります。

それらの問題を回避する一つの手段として、ラベラ(ラベル貼り)での方法があります。

ラベラを使用する利点は、バーコードの読み取り精度が高いという点です。

オンデマンドプリンタ(※)機能付きのラベラを使えば、品種管理が簡単に行えるのも
うれしい利点です。 ※その都度、ラベルに印字を行えるという方式。

また、意外と知られていない利点は、ワークのロスが少ないということです。

インクジェットやレーザーマーキングなどの場合では、印字ミスが起きた場合、
製品そのものへのダメージが大きく、廃棄になる可能性が高いです。

こと、レーザーマーキングでは表面を削ってしまうので、廃棄せざるをえなくなります。
(インクジェットの場合、表面の材質によっては、消せる可能性あり。)

ところがラベルの場合は、うまく剥がせばワークを再利用することができます。

そう言う意味では、ロスが少ないのです。 ただし、難点はラベル単価です。

サイズや印字内容によっては、単価が高くなってしまします。
その辺りはラベルメーカとの交渉が必要ですね。

というわけで、カートンの自動供給を行いながら、指定した位置にラベルを自動的に
貼りつける装置を創りました。 ⇒ 次頁

1 2 3
Share!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

All words by

けたろーのアバター けたろー 包装機械移相談士/時短設計®士。

包装機械相談士/時短設計®士。 ご縁を頂いて、産業用インクジェット向けの周辺機器を手掛けるようになりました。インクジェットなど印字装置の性能は、各社でそれほど差はありません。実は、ほんとに大事なことは、印字装置そのものよりも周辺機器なのです。印字作業って携わってる現場からすれば毎日のことなので、なるべくなら作業者さん達の負荷が減らせるようになればいいなって、切に思ってます。

目次
閉じる