公式LINEはじめてます!

【コト・ログ】 勝手に改善!段ボールなどの副資材のコストダウン(の可能性)

次工程があるから~。(チコちゃん風に。(笑))

 

機械上できれいに積載したとしても、次工程に運ぶためになんらかの別の器材に
積みなおすという作業が生じますよね?

もしくは、シートを両手で抱えて運ぶとか・・。

その点、台車で受ければ、そのまま次工程に運べるので超楽ちんになるんです! (*^-^)ニコ

また、台車を2つ以上用意しておけば、順繰りに準備できるので、段取りが楽になります。

印字した後のことも、重要なテーマです。

 

【まとめます。】


とまぁ、そんな感じでコストダウン化が図れる(可能性がある)というお話をお伝えしたのですけど、
如何でしたでしょうか?

実は、副資材のコストダウンについての相談をよく受けます。

で、副資材が増えていくというのには〝 過去のしがらみ 〟によることが多いような気がしてます。

たとえば、こんなイメージです・・。

1品種目は、新商品だから意気揚々とデザインを決め発売開始! 
で~も、まさか、品種が増えるなんてことは想定してない、 
というか考えていない。

1品種目が好調につき、2品種目に着手。
2品種目ができると、それは1品種目の踏襲で準備が進められて、
2品種目用の副資材が製作される。

同じく、3品種目ができると、前と同じ流れ。
4品種目、5品種目・・・・前例に倣え。

 

というわけで、品種の増加に伴って、どんどん資材が増えていく・・・。

早めに転換できれば・・というか、当初から、全てをもくろんで設計できてればいいのでしょうけど、
概ねは、上記に挙げたような流れじゃないでしょうか?

けど、どこかで、誰かが、〝 危機感を持って 〟その連鎖を断ち切らないとず~っと増えっぱなし
になりますよ。

余剰在庫や、デッドストックは〝維持管理費 〟 という見えない諸経費として

どんどんどんどん どんどんどんどん どんどんどんどん ・・・ ドンドン 積み上がってきますので…

これって、ムダ金ですもんね。

気が付いた段階で、一刻も早く、改善に着手されるのが善いと思います。

 

PS
印字された日付をみてると、2018年。
もしかするとすでに改善されているかもなのですけども・・。(汗)

 

ちなみに…

1 2 3 4 5 6 7 8
Share!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

All words by

けたろーのアバター けたろー 包装機械移相談士/時短設計®士。

包装機械相談士/時短設計®士。 ご縁を頂いて、産業用インクジェット向けの周辺機器を手掛けるようになりました。インクジェットなど印字装置の性能は、各社でそれほど差はありません。実は、ほんとに大事なことは、印字装置そのものよりも周辺機器なのです。印字作業って携わってる現場からすれば毎日のことなので、なるべくなら作業者さん達の負荷が減らせるようになればいいなって、切に思ってます。

目次
閉じる