原料用クラフト袋のコストダウン

原料用クラフト袋を使われている原料メーカーの担当者様へ

粉体やペレットなどの原料をいれる大きな紙袋をクラフト袋と呼んでます。
俗にいうセメント袋や米袋と言われている袋で、こんな感じ↓↓の袋です。

クラフト袋のコストダウン

充填する中味が同じでも品種毎にサイズや仕向け先が異なっているため〝品種銘柄〟として
予め、袋の表面に印刷してあるのが一般的なスタイルです。

袋の資材メーカーから資材を入荷して、担当のスタッフがこんな風に処理しています。

大まかな作業の内容。
品種毎に別々の棚に区分けして保管。⇒ 出荷時のロット番号など、項目ごとの捺印作業発生! ⇒ ゴム判を入れ替え ⇒ 棚から該当する銘柄袋を引っ張りだす。 ⇒ 専用の輪転機で必要な箇所に捺印。 ⇒ 仕分けして次工程へ。

日常的にそんな感じの作業を行っているというところが一般的です。

この時の輪転機を使った捺印作業が少々厄介なのです。

どんな風に厄介かというと…