カートンや段ボールなど流通用包装資材のコストダウン

カートンケースや段ボールケースの管理でお困りの方へ

段ボール

商品の種類が増えるたびにケースのデザインを考え、対応してきた結果、
いつの間にかケースの種類が膨大になってしまった。
デッドストックもたくさんあるみたい…。 なんとかならないかな?

そんなお困りの解法を求めて、ちょくちょく相談に来られます。

商品点数(アイテム)が少ない時には、プレ(事前)印刷していても、
それほどの管理ボリュームではなかったのでしょうけど、アイテムが増えてくると、
アイテムごとの仕分け管理が必要になってきて保管するスペースも大きくなってきますよね。

そうなると、必要なカートンを探し出す作業など、結構、手間暇がかかっているのですよね。
実は、その状況って、かなり『無駄な経費』が使われているのです。

まさかとは思いますが、あなたの現場のスタッフさんって、こんな状況じゃないですか?

カートンケースの管理スペースに向かって、

『え~っと、この商品の箱は…っと。あったあった! これだっ!』…と、引っ張り出してくるも、
『えーーー!! 品種が違ってる! この箱はxx用だわ! 大きさが一緒なのに! 
 また、取ってこなくちゃ! あ~~メンドクサ~イ! 時間のムダだわ!!』

 

そうなんですよね…

1.準備する資材を探すための時間
2.管理・仕分け用のスペース
3.資材を入荷して、仕分け、管理する際の作業

などなど…。

会社からしてみれば、それらは〝全て経費!〟です。
でも、それらはまったく【利益】を産み出さない経費です。

一番怖いのは、
そういった『無駄な経費』を〝無自覚〟にタレ流しているということです。

その〝怖さ〟をもう少し説明すると、
探すという行為がスタッフの中に無意識にの業務として組み込まれ、
それで〝仕事をしている〟という錯覚を与えてしまってるということにあります。

『あー、仕事した!』 

と言う割に、あまり成果物がでてこない… そんな状況なのですよね。

 

でも、安心してください! 

そこに気づけたのなら、大丈夫です! それを改善できるいい方法があります!
詳しくは、次頁の事例集で説明しますね。

あ、ここまでの流れで何か ビビッ と感じられたら、
お問い合わせはお気軽にどうぞ!

ご相談・お問合せはこちらから。問合せページにジャンプします。