適材適所で器材を選ぶ

適材適所で器材を選ぶ

正直なところ、対象物に対してどんな印字装置を選択すればよいかは、それぞれの機器に一長一短があるので特性をみないとわかりません。また、資材(製品)に対する相性というのもあります。

 

特性を考慮した印字選び

レーザーマーカーとインクジェットの2機種でお話しすると、レーザーマーカーは、レーザー光線の熱源で対象物の表面を焼き、削り飛ばして文字などの印を結びます。一方のインクジェットは、インクの粒子を対象物の表面に吹き付けることで文字などの印を描きます。(下図参照)

レーザーマーカーとインクジェット

単純にいうと、削るか? 盛るか? という大きな差があります。一般的には、不滅性(消せない)が要求される場合には、インクジェットよりもレーザーマーカーの方がよいです。これは、特性からすれば明らかですよね。

また、選択するにあたっては設置する環境にも依存します。インクジェットの多くは溶剤を使用しますので密閉空間での使用は避けた方がよいです。溶剤系のインクの場合、シンナーに似た匂いがします。

また、匂いという点で言えば、レーザーマーカーについても同様です。レーザーマーカーでは、レーザー照射で部材を焼くため匂いや煙が発生します。対象物の表面の状況によっては、人体に影響する場合もあります。

いずれにせよ、匂いに敏感な方がいる作業現場では換気扇を設けたりするなどの配慮が必要です。また例え、その匂いが大丈夫だったとしても、成分が体内に吸引されることに変りはありません。作業者への身体的な安全を第一に考え、十分な配慮を行うことを強くお奨めします。

 

気密性を要求される印字について

レーザーマーカについて言えば、もうひとつ。気密性を要求されるパーツ等への印字には向かないという点を挙げます。レーザーマーカの特性は、『削る』です。特定箇所を削って印字を行うわけですから、その特定箇所が気密に関わる場合、リーク(漏れる)する可能性があるということです。

一方で、インクジェットでの印字はインクの塗布(盛る)ことで成立していることから、不滅性に欠けるという問題が生じます。油の多い個所や摺動面など、摩擦が発生する箇所への使用は印字が剥がれる等の問題につながります。

これらの特性を考慮し、資材や設置環境への諸々の適性を考えたした上で、印字装置の選定を行ってください。

 

◎印字環境を整える3つの視点