作業内容をしっかりイメージする

作業内容をしっかりイメージする

結論からいうと…、中途半端な設備導入はかえって、不利益を生みます

産業用インクジェットの導入を例に挙げると、よく相談されるのが印字対象物の扱いを手動で考えるか? 自動で考えるか? です。もちろん、コストとの兼ね合いもあるとは思いますが、安易に決めずに作業性や将来を考えながら、しっかり吟味することが大切です!

初期費用の面から言えば、手動式の方が安く上がります。でも、印字品質的な側面から言えば、自動化が望ましいです。また、将来的な増産や恒久的な生産が決まっているのであれば、自動化で考える方が得策です。

印字を考える上で問題になるのは『リズム』です。手作業の場合、人の手のリズムに依存します。遅い人もいれば、早い人もいます。つまり、バラバラです。

一方、自動化による投入は、一定間隔のリズムを得ることができます。それが、大きな差になります。

例えば、手作業で印字対象物(製品)をコンベアに投入する場合、作業者によって、その間隔がバラバラになってしまいます。後続する製品が前方の製品とくっついてしまったり、あるいは、接近しすぎるという状態です。

産業用インクジェットで印字を行う場合、印字を開始するためにトリガー信号が必要になります。搬送される製品の間隔が十分でないと、後続する製品が印字されないという問題が生じてしまうのです。(下模式図 参照)

産業用インクジェット 印字

そういったミスを防ぐためにカメラを導入し、考えうる対策を講じて、などなど。
と、結局、余計なコストが生じるという事態を招いてしまいます。(下模式図 参照)

産業用インクジェット 印字

実は、ここまでの話は実際に某会社さんで起こった話です。作業者に対して、絶対にリズムを守れ! といってもそれはムリというもの。手作業の場合は、臨機応変に対応でき便利な反面、自動に比べて予測不能なトラブルが起きやすいのです。

それは、人の能力差にすごく関係しています。同じ仕事でも、ベテランの人がする場合と経験の浅い者にさせるのとでは、全然違いますよね?また、人手に頼る場合には、作業者の体調や担当者のスキルによって仕事量にバラつきが生じやすいと言う問題をはらんでいます。

また、近頃では、〝働き方改革〟によって、作業者の労働時間の確保が難しくなってきていますよね。それに加えて、人手自体の確保もままならない状況ですよね? 生産計画等を立てる上で、これは大きな問題です。

だとするなら、初めから自動化を視野にいれて考えた方がベターです。自動化しておけば、安定した生産数が確保できますので、作業人員の確保でアタフタするよりも、かえって楽になります。初期費用を『出費』と捉えるか、『投資』と捉えるか? その差が、後々に響いてきます。後々のことを十分に考えた上で、検討するのがベターですよね。

 

◎印字環境を整える3つの視点

◎メーカーは「人」で選ぶ
◎適材適所で器材を選ぶ
◎作業内容をしっかりイメージする