代表紹介

 

マーキング・コトはじめ サイト運営者

(有)大青鉃工(ダイセイテッコウ) 
代表取締役 社長
佐薙啓太郎 さなぎけいたろう

1971年 大阪生まれ
資格:包装機械相談士、スキューバ アドバンス
心理カウンセラー、魔法のしつもん認定講師


 

大切にしていること

大切にしていることは、「よく聴くことと、よく見ること」 です。

そこに解決のヒントや糸口があると思っています。

もうひとつは、
「固定概念に縛られず、いろんな発想、いろんな可能性、いろんな視点で考えてみる」
ということを大切にしています。

 

 

なぜ、この仕事をしているのか? 

大きな理由のひとつは、作業現場の笑顔のため・・です。

とある出会いがきっかけで、
産業用インクジェット向けなどの〝マーキング〟に関わる付帯機器を
手掛けるようになりました。

包装機械(ブリスター包装機)の製作が本業ですので、
関連しているといえば関連してます。 

関わりだして思うことは、
印字の性能は印字装置そのもので決まるというより、
周辺機器に依ることの方が大きい ということです。

ちょっと手前味噌なのかもしれませんが・・。 (^_^;)

コスト〝だけ〟を優先して導入したばかりに、作業性が犠牲になって
オペレータへの負担を強いられているという作業現場をたくさん
みてきました。

作業現場での作業は毎日のことです。

にもかかわらず、
印字に関わる作業はあまり効率化が図られていないと感じています。

そんな作業現場が少しでも楽になって、効率化=利益 に結びつける
ようなお手伝いができればなって、思っています。

 

 

これは、ムリかな・・ とあきらめる前に! 

おおむね・・
メーカーっていうのは、メンドクサイことには手を出したがりません。

大抵のところでは自社製品だけを納品して〝後はご自分たちで!〟というスタンスな
ところが多いようです。 その気持ちは、わかならくもありません。
だって、その方が楽ですから。

印字装置以外の機器設備にまで理解し、そこに対応していくとなると機械的な知識は
もちろんのこと、作業現場の特性なども理解しておく必要があります。
となれば、当然、なかなか手を出しづらいですよね。

穿った見方をすれば、わざわざ〝めんどくさい〟ことに手をださなくても、
自分のところの印字装置だけを売っていればそれで自分の売上がたつのですから
それだけで充分だということなのでしょう。

そんなわけで、自分でいうのも何なのですが、印字に関する周辺設備に関しては、
正直いって印字機器メーカーよりも詳しいです。(*^-^)ニコ

なんでか? っていうと、印字機器メーカーが相談にくるくらいですから。笑
※ どんなものに対応してきたか? は、事例紹介に挙げていますので
  参照してみてください。

お陰様でいろんな相談を受け、結構いろんなことにチャレンジさせてもらってます。

これは性分なのでしょうか・・

無理じゃないの?、とか、難しいぞ! って言われる相談事ほど

『何とかしたろやないか!』 

と意欲がわいてくるんですよ。 (笑)

でもね、そうやって依頼があって、それが解決できて、お客様が喜んでくれて、
『ありがとう!』っていう一言を言ってもらえたときの爽快感って格別なんですよね。

いちお、経営者なのですが、
経営者である前に一人のエンジニアでありたいと思っております。

パッケージングエンジニア資格証書と優等賞の賞状

パッケージングエンジニア資格証書と優等賞の賞状