【コト・ログ】レーザーマーカーでは不可能と思われてた素材でもきれいに印字できる方法があった!

こんちは、

マーキングコトはじめ、担当のけたろーです!

今日もありがとう、感謝です。

 

さてと。

実は、2016年の11月前半に、アメリカ・シカゴで開催されたPackExpoを
見に行ってきたんだ。

日本で言うところの、JapanPack ・・・包装機械の展示会をずっと、
もっと、大きくしたような感じの展示会で、包装機械はもとより包装に関連する
器材とか、素材とか、モロモロが展示されているんだ。

その中でとても興味深いのを見つけたので、ちょっと紹介しとこうかと思います。

目に留まったのが印字機器メーカーのブースで、レーザーマーカーに関連する
モノなんだけどね。

知らない人のために、少し情報を入れておくと・・・。

レーザーマーカーを使った印字は、インクジェットと違って、
対象物の表面をレーザー光の熱線で、『削って』 印を結ぶ。

インクジェットが、インクを 『盛って』 印を結ぶことを思うと、真逆だね。

レーザーマーカーを使う利点は、第一に印字時の鮮明さ。
インクジェットと違って、インクで滲んだり、汚れたりすることがない。

また、機種によっては、広い面積の印字が可能になる。

それと、レーザーマーカーの場合、インクジェットと違ってインクを使わないので
ランニングコストがそれほどかからない。

初期投資はインクジェットより高いんだけどね。 (^_^;)
でも、長期使用を考えると、絶対お得だと思う。 (*^-^)ニコ

で、これが最大の利点なんだけど、印字の不滅性・・・つまり、消せないってこと。

消せないってことは改ざんできないってことだから、医薬品業界では、
レーザーマーカーによる印字が義務となってる。

簡単に改ざんされたら、怖いもんね。 (^^ゞ

こうやって書いてると利点ばっかりなんだけど。 (笑)

The following two tabs change content below.
けたろー

けたろー

包装機械相談士。時短設計®士。 ご縁を頂いて、産業用インクジェット向けの周辺機器を手掛けるようになりました。インクジェットなど印字装置の性能は、各社でそれほど差はありません。 では、何で差が出るのか? 実は、ほんとに大事なことは、印字装置そのものよりも周辺機器なのです。近頃は暗黙で、賞味期限や消費期限などの印字がほぼ義務化されつつありますよね。携わってる現場からすれば印字作業って毎日のことなので、なるべくなら、作業してる人々の負荷が減らせるようになればいいなって、切に思ってます。あなたの生産現場が、最高最善にハッピーになれますように。 (*^-^)