公式LINEはじめてます!

【クラフト袋のコストダウン】 包装資材のコストダウンを図れる〝ハイブリッド型〟クラフト袋印字用搬送装置

こんちは、
マーキング・コトはじめ、担当のけたろーです。
今日もありがとう、感謝です!

さて、
原料などを入れる際に用いられているクラフト袋。 
通称、米袋をご存知ですか?

段ボールケースなどと同様、包装資材としてみれば、これに関してもコストダウンの余地
大いにあります。

ポイントは、段ボールやカートンケースの場合と同様、プレ印刷をやめるということ。

ただ、クラフト袋での場合では古くから〝輪転(ゴム版)方式〟を用いた袋表面への
印刷が行なわれており、その点ではコストダウン化の考え方は以前からあったようですね。

しかし… 
輪転方式の場合は、ゴム版の入れ替え時に手が汚れるといった問題があり、また、
版の入れ替えミスや、インクによる製品の汚れなども問題になっています。

この問題を改善するため、輪転方式をやめてインクジェットに切り替えるという方法が
あるのですが、インクジェットは少々値が張りますよね。 (´Д`ι)アセアセ

もう少し、リーズナブルな機体がほしい!
設備の導入はしたいのだけど、少しでもコストを抑えたい!

という作業現場のために考えました!

1 2 3 4
Share!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

All words by

けたろーのアバター けたろー 包装機械移相談士/時短設計®士。

包装機械相談士/時短設計®士。 ご縁を頂いて、産業用インクジェット向けの周辺機器を手掛けるようになりました。インクジェットなど印字装置の性能は、各社でそれほど差はありません。実は、ほんとに大事なことは、印字装置そのものよりも周辺機器なのです。印字作業って携わってる現場からすれば毎日のことなので、なるべくなら作業者さん達の負荷が減らせるようになればいいなって、切に思ってます。

目次
閉じる