公式LINEはじめてます!

【流通用ケースのコストダウン】ラベラーを使ったカートンケースのコストダウン パターン3

こんちは、
マーキング・コトはじめ、担当のけたろーです。
今日もありがとう、感謝です!

さて、
ラベラーを使用する利点は、パターン1でのお伝えした通り、
バーコードの読み取り精度が高いという点とワークのロスが少ないということです。

カートンのハンドリング方法を変えた機体をパターン3としてお伝えしますね。

パターン1、2が、積み重ねた下側から切り出していくのに対して、
パターン3は、積み重ねた上面から切り出していくという方法です。

パターン1、2と違って、積み重ね時の自重の作用を受けないので動作的に比較的安定した
供給ができます。

1 2 3 4
Share!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

All words by

けたろーのアバター けたろー 包装機械移相談士/時短設計®士。

包装機械相談士/時短設計®士。 ご縁を頂いて、産業用インクジェット向けの周辺機器を手掛けるようになりました。インクジェットなど印字装置の性能は、各社でそれほど差はありません。実は、ほんとに大事なことは、印字装置そのものよりも周辺機器なのです。印字作業って携わってる現場からすれば毎日のことなので、なるべくなら作業者さん達の負荷が減らせるようになればいいなって、切に思ってます。

目次
閉じる