公式LINEはじめてます!

自動給紙によるワンタッチカートンへのレーザー印字対応。

産業用インクジェットプリンタと並んで、広く用いられているのがレーザーマーカーです。 ところで、レーザーマーカーによる印字の特性をご存知ですか?

こんにちは、
マーキング・コトはじめ、担当のけたろーです。
いつもありがとうございます! 感謝です!

目次

レーザーマーカーでの印字特性。

レーザーマーカーによる印字の最大の特性は、【不滅印字】であることです。 

〝不滅〟は〝消せない〟ということであり、〝消せない〟ということは〝改ざんされにくい〟ということを意味しています。 すなわち、改ざんの危険性が想定される箇所への印字にはレーザーマーカーによる印字が有効であるということが言えます。

そして、もうひとつの特性が印字時の鮮明さです。

インクを用いる産業用インクジェットではインクのにじみやカスレなどで、印字時の不鮮明さが問題になることがあります。 また、インクジェットではインクのドット(粒)により印字を行うため、ドットの欠けにより誤読を誘発しやすいという問題も抱えています。 例えば、『8』が『B』に見えたり『1』が『7』に見えたりするなどといった状態がそれです。 

一方、レーザーマーカーによる印字では〝ライン〟による印字になるため、インクジェットに比べてより鮮明に行うことができます。 不滅で鮮明な印字ができる性能を考えると、レーザーマーカーは製薬業界に向いていると言えます。 なぜかと言えば、製薬業界では誤読されてしまう状況は許されず、また、印字情報を改ざんされないことが条件であるためです。

ワンタッチカートンを自動供給してレーザーマーキングする装置。

某製薬会社からの依頼でリリースしたワンタッチカートンに対応した機体の事例です。 ワンタッチカートンを自動供給して、レーザーマーカーにて印字を行う装置です。 印字後は、文字検査を行っています。

ワンタッチカートンは非常に扱いづらく、対応していくにあたってはかなり苦労しました。

ワンタッチカートンは、取扱いに難あり。

ワンタッチカートンとは、糊りやテープを用いることなく簡単に底面が形成できるカートンのことです。 〝ワンタッチ〟で組み立て可能なので、〝ワンタッチカートン〟と呼ばれていて、最近はこの利便性より広く用いられています。 (下に参考画像を貼っておきます。)

ワンタッチカートンでは、ワンタッチでの箱の組み立てを実現するために底の部分が他の部分に比べてかなり分厚くなっています。 この厚みは、1、2枚積み重ねただけでは特に目立たず、あまり問題がないように思えるのですが、枚数を積み重ねると顕著に現われてきます。 

打ち合わせ当初、カートンのサンプルを1~2枚預かり、それで設計を開始しました。 2枚程度だと綺麗に積み重なるので、『簡単に積載できる』という判断をしました。 ところが… カートンの束を預かり、それらを積み重ねてみて初めて認識の甘さに気づかされたのです。(滝汗) 厚みが累積し、綺麗に積み重ねることができないということが判明しました。

機械化を考える場合、積み重ねたときの〝姿勢〟が問題になります。 平たい板を立てて並べた時と同じように〝行儀よく〟重ねられると思っていたため、不測の事態に陥りました。 マガジンにセットした際に姿勢が全く安定しないのです。

製作も終盤になりつつある中で発覚したので、急きょ設計変更を加えながら、なんとか仕上げました。 この件では、お陰様でものすごく勉強させてもらいました。 ノウハウと経験と教訓を積んだので、ばっちりです!

機体の画像。

要求された箱のバリエーションが多く、巾100mm~300mmの範囲で対応できるように設計しました。 また、箱の高さも数種類あったため、それらのカートンに対応してます。

ワンタッチカートン自動給紙機能付き レーザーマーキング用カートン搬送装置

※ 弊社での製作パートではありませんが、レーザーマーキングでの印字後、文字検査を行っています。 製薬会社ということもあり、文字の鮮明さや印字内容といったかなりシビアな検査を行っています。(バリデーション作業もあり)

動作を動画で。

供給部を中心に動作を動画で確認いただけます。


時短設計®の視点で、印字作業を行っている現場がより快適になるような仕組みをプロデュースしています。

ビビッときたら、お気軽にお問合せ下さい!

2022/02/15 Re-Write

Share!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

All words by

けたろーのアバター けたろー 包装機械移相談士/時短設計®士。

包装機械相談士/時短設計®士。 ご縁を頂いて、産業用インクジェット向けの周辺機器を手掛けるようになりました。インクジェットなど印字装置の性能は、各社でそれほど差はありません。実は、ほんとに大事なことは、印字装置そのものよりも周辺機器なのです。印字作業って携わってる現場からすれば毎日のことなので、なるべくなら作業者さん達の負荷が減らせるようになればいいなって、切に思ってます。

目次
閉じる